本文へ移動

健康経営

「健康経営優良法人2023(中小規模法人部門)」に認定されています

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。 

健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

四谷建設は、「中小規模法人部門」において、2023年度、「健康経営優良法人」に認定されました。

「やまなし健康経営優良企業認定制度」に認定されています

山梨県でも、生活習慣病の発症リスクが高くなる働く世代の効果的な健康づくり対策を推進するために、従業員の健康づくりを経営的な視点で捉え、戦略的に取り組む企業を知事が認定する「やまなし健康経営優良企業認定制度」 があります。

四谷建設では、令和4年度から「やまなし健康経営優良企業認定制度」においても認定を受けております。

健康経営宣言

「健康経営」宣言

当社は、「からだもこころも健康で働ける職場」を目指し、
健康づくりに積極的に取り組むことを宣言します。

弊社では下記の取組みを行っています。

定期健康診断

年に1回定期健康診断を実施しています。基本健診は無料で受診することができます。
当社では従業員の実施率100%を達成しております。
また、受診後は、結果に基づき、治療の徹底と保健指導活用の取り組みを推進しています。

生活習慣病等の疾病の高リスク者に対する重症化予防のために

定期健康診断後、再検査や精密検査が必要にもかかわらず、受信していないケースも見受けられます。
当社では、再検査・精密検査対象者には個別に受診勧奨のメール・声掛けをしていくことで、再検査・精密検査の受診を推進しております。
これからも、従業員の健康のために病気の早期発見・重症化の予防に取り組んでいきます。

従業員の喫煙率低下のために

当社では喫煙者の禁煙活動へのサポートとして、禁煙外来にかかる費用の一部負担を行う制度を導入しました。
喫煙者2名の禁煙に向けて活動をしております。

疾病の発生予防・運動による健康づくりの推進

当社では、始業時のラジオ体操に加え、
午前と午後の休憩時間に腰痛体操などのストレッチの時間を導入することで、運動の習慣化に取り組んでいます。
また、健康経営推進担当者が中心となって、運動機会増進アプリを活用し、従業員の健康づくりのため、運動への意識づけをサポートしています。
TOPへ戻る